Top > 健康 > 副交感神経系優位

副交感神経系優位

射精は筋の緊張状態によってもたらされます。ストレス状態は交感神経が優越になっている情況です。伸び伸びしている時機は副交感神経が優勢な事様です。伸び伸びすることにより確かに射精感は遠のきます。

副交感神経系を優勢に用いるためには大昔から外呼吸を抑制するテクニックが用いられています。自律神経はストレートに抑制できませんが、自律神経とぴたりとに連係している息吹を抑制することによって神経系もセーブしようということです。

禅などの修道などもそうですね。副交感神経系優位(リラックス)にするためには放つ息に感覚を専念します。できるだけ長いスパンをかけて呼吸を吐きます。吐き切れば自動的に瞬く間で息が入ってきます。これをリピートすることにより副交感神経優越(リラックス状況)になります。

スパーキー佐藤の早漏対策

健康

関連エントリー
副交感神経系優位荷物の量は予測不可能腕のムダ毛と接客
カテゴリー
更新履歴
掛川市の一戸建ての査定額が240万円アップした!(2018年9月 6日)
副交感神経系優位(2018年9月 5日)
スルスル酵素の効果的な飲み方〜いつ飲むの?(2018年8月31日)
交際クラブの愛人募集サービスです。(2018年8月29日)
電波関係で良く泣かされます(2014年9月29日)